多額の損失
 
トレードの自信もゼロ
 
相場観もゼロ
 
何が正解なのか・・
何をやるべきなのか・・
 
迷って 分からない。
 
 
でも、絶対に相場で取り返したい!

Trade history

実況トレード履歴

一ノ瀬鉄平 プロフィール

シカゴ先物トレーダー
投資スクール 講師

毎日配信している、実況トレードが大好評。(@tickreading)
FX-onの累計ダウンロード数は2500本を超えました。
おかげさまで、Fx-onの人気ランキングは常に1位。

毎日の配信は大変ですね!?と よく聞かれます。

私は小さい頃から空手道をやってきました。高校時代にはインターハイにも出場しました。
幼心に「全ては基本が大事」と刷り込まれているので、毎日の配信も日々の鍛錬と感じています。

継続は力です。

私の本業は、シカゴ先物取引所(CME/GLOBEX)での先物トレードです。
1979年 長崎生れ福岡育ち。大学を卒業後、株トレーダーに憧れて相場の世界に入りました。
当初は株取引で50万を3日で飛ばす、典型的な負けトレーダーでした。
今考えると、負けて当然です。なんとなく、我流でやっていたのですから。
ただ、負けても何かを掴むまで、絶対に諦めたくない気持ちがありました。
これは、皆さんも同じ気持ちだと思います。

忘れもしません。あの連日の猛暑日、私は ある人に弟子志願しようと 覚悟を決めました。
そこで、相場分析・集団心理・機関投資家の戦略 などの相場の基本を学びました。
この時の教材・解説・Skypサポートは全て英語です。英語での理解は本当に大変でした。
しかし、テクニックではなく、相場の基本を学ぶことでその先にある、トレーダーとしての勘を養い、的確な判断力が身に付きました。その時の教育方針が今の投資スクールと教材に生かされています。
見よう見まねのテクニックで挑んでいた自分に今は拍手を送りたいですね。
若さの驕りからの失敗。お陰で、学ぶ機会を得ることが出来ました。

基本を学んだ私は、妻から借りた軍資金の100万円を10ヶ月で8000万まで増やす事が出来ました。「億」越えも目前に迫り、少し調子に乗っていたのでしょう。
ここからが、また私の甘さです。
夢のような日々は 崩れ落ちました。 手元に残った わずかな資金に正直 焦りました。
一気に伸びた資金に、基本を疎かにしテクニックで金額ばかり追いかけた結果でした。

でも、諦めたくない気持ちが、私の心に火をつけます。
私はわずかな資金を使い、トレードを続ける事を選びました。
先ずは、シカゴの取引時間外で、相場の感覚を養うために実況トレードを始めました。

基本の見直しです。

ところが、この実況トレードが意外と評判になってきたのです。
これが私の転機となりました。
FX-on からも気に留められるようになり、本社に出向いて実況トレードを披露する機会も得ました。
そして、トレードを教わりたいという人が現れ、その時の講義がきっかけで、今の投資スクールと教材の原型が生まれました。
おかげさまで、今では80名の生徒さんと一緒に、日々のトレード・相談・アドバイスなどをやっています。その中で、私自身が同じ失敗をしないように、常に基本を見直しできている事が何より私を成長させてくれています。

生徒さんの中には、私以上に稼がれている方もいます。
参加されているメンバーはサラリーマン・主婦・大学生・それぞれの生活の中で相場に向き合い、その時々の状況に的確に判断が出来るようになっています。

私には5歳の娘がいます。
週末の殆どは家族で出かけます。そこで感じるのは子供の成長です。
子供は毎日、色んなものに興味をもち、聴いたり触れたりする事で、どんどん成長していきます。
私も初めは典型的な負けトレーダーからのスタートでした。

今では沢山の人と出会い、その中で刺激や支えを感じています。諦めずに学ぼうとする思いがあれば、必ず成長していくと心から思うようになりました。

そして基本の大切さです!困ったとき、迷ったときは「基本に戻る」「原点に戻る」です。
これからも、それぞれの目標に向かって、皆さんと一緒に成長したいと考えています。

Q&A

よくある質問

Q:ティックリーディングって何ですか?

A:ティックリーディングとは、相場の値動きを見て、相場の動きを予測していく方法です。

実況トレードでも実践していた通り、相場の値動きには、次の値動きを予測できるパターンがあります。

このパターンをチェックしていくと、優位性のあるエントリーポイントを探す事が出来ます。

 


Q:□エリアって何ですか?

A:ティックリーディングで相場分析が出来るようになると、値動きの予測が出来るようになります。

□エリアは、予測される相場の反発やもみ合い、レンジの上値や底値の位置に使っています。

 


Q:手法1って何ですか?

A:ティックリーディングを使って相場分析が出来るようになると、値動きの予測が出来るようになります。

算出した□エリアは、反転のポイントになります。しかし、□エリアにタッチしただけでは、エントリー根拠が薄いので、タイミングを計る必要があります。

手法1とは、そのエントリーのタイミングを計る方法の1つとなります。

 


Q:ティックリーディングってどうやって学べますか?

A:ティックリーディングは初心者でも学ぶ事ができます。

このティックリーディングを学ぶと、□エリアの算出方法やエントリー方法である手法1などが習得出来ます。

その他にも、高い確率で反転するポイント(高確率エリア)などの、探し方やエントリー方法なども学べます。

どんな手法を学ぶにも、正しい順番で学ぶ必要があります。

それと、もう一つ大事な事は添削です。添削をする事で、正しく理解出来ているか、確認することが大事になります。


Q:実況トレードってなんですか?

A:実況トレードとは、ティックリーディングを使ったトレードをリアルタイムで配信している事です。

 


Q:実況トレードの参加方法を教えて下さい。

A:LINEから @tickreading を検索して下さい。
スマホの場合はこちらをクリック→@tickreading

 

今まで何度も相場で負けを繰り返し、

多額の損失
トレードの自信もゼロ
相場観もゼロ
何が正解なのか・・
迷って分からなくなった。

でも、絶対に相場で取り返したい!

そんな思いの人でも、相場で勝てる方法はあります。
それは「ティックリーディング」です。

このページを見ている人の中には、既に「実況トレード」で「ティックリーディング」の凄さを体験している方もいると思います。

毎日配信している「実況トレード」の中で、私は「ティックリーディング」を実践しています。

何をやるにも基本が大事です。
トレードや相場にも基本があります。
それぞれの基本を、正しい順番で 正しく学べば
自然と結果はついてきます。

Trade history

実況トレード履歴

一ノ瀬鉄平 プロフィール

■シカゴ先物トレーダー
■投資スクール 講師

毎日配信している、実況トレードが大好評。
FX-onの累計ダウンロード数は2500本超!おかげさまで、Fx-onの人気ランキングは常に1位。

私の本業は、シカゴ先物取引所(CME/GLOBEX)での先物トレードです。
1979年 長崎生れ福岡育ち。大学を卒業後、株トレーダーに憧れて相場の世界に入りました。

当初は株取引で50万を3日で飛ばす、典型的な負けトレーダーでした。

今考えると….

続きを読む

負けて当然です。なんとなく、我流でやっていたのですから。
ただ、負けても何かを掴むまで、絶対に諦めたくない気持ちがありました。
これは、皆さんも同じ気持ちだと思います。

忘れもしません。あの連日の猛暑日、私は ある人に弟子志願しようと 覚悟を決めました。
そこで、相場分析・集団心理・機関投資家の戦略 などの相場の基本を学びました。
この時の教材・解説・Skypサポートは全て英語です。英語での理解は本当に大変でした。
しかし、テクニックではなく、相場の基本を学ぶことでその先にある、トレーダーとしての勘を養い、的確な判断力が身に付きました。その時の教育方針が今の投資スクールと教材に生かされています。
見よう見まねのテクニックで挑んでいた自分に今は拍手を送りたいですね。
若さの驕りからの失敗。お陰で、学ぶ機会を得ることが出来ました。

基本を学んだ私は、妻から借りた軍資金の100万円を10ヶ月で8000万まで増やす事が出来ました。「億」越えも目前に迫り、少し調子に乗っていたのでしょう。
ここからが、また私の甘さです。
夢のような日々は 崩れ落ちました。 手元に残った わずかな資金に正直 焦りました。
一気に伸びた資金に、基本を疎かにしテクニックで金額ばかり追いかけた結果でした。

でも、諦めたくない気持ちが、私の心に火をつけます。
私はわずかな資金を使い、トレードを続ける事を選びました。
先ずは、シカゴの取引時間外で、相場の感覚を養うために実況トレードを始めました。

基本の見直しです。

ところが、この実況トレードが意外と評判になってきたのです。
これが私の転機となりました。
FX-on からも気に留められるようになり、本社に出向いて実況トレードを披露する機会も得ました。
そして、トレードを教わりたいという人が現れ、その時の講義がきっかけで、今の投資スクールと教材の原型が生まれました。
おかげさまで、今では80名の生徒さんと一緒に、日々のトレード・相談・アドバイスなどをやっています。その中で、私自身が同じ失敗をしないように、常に基本を見直しできている事が何より私を成長させてくれています。

生徒さんの中には、私以上に稼がれている方もいます。
参加されているメンバーはサラリーマン・主婦・大学生・それぞれの生活の中で相場に向き合い、その時々の状況に的確に判断が出来るようになっています。

私には5歳の娘がいます。
週末の殆どは家族で出かけます。そこで感じるのは子供の成長です。
子供は毎日、色んなものに興味をもち、聴いたり触れたりする事で、どんどん成長していきます。
私も初めは典型的な負けトレーダーからのスタートでした。

今では沢山の人と出会い、その中で刺激や支えを感じています。諦めずに学ぼうとする思いがあれば、必ず成長していくと心から思うようになりました。

そして基本の大切さです!困ったとき、迷ったときは「基本に戻る」「原点に戻る」です。
これからも、それぞれの目標に向かって、皆さんと一緒に成長したいと考えています。

Q&A

よくある質問

Q:ティックリーディングって何ですか?

A:ティックリーディングとは、相場の値動きを見て、相場の動きを予測していく方法です。

実況トレードでも実践していた通り、相場の値動きには、次の値動きを予測できるパターンがあります。

このパターンをチェックしていくと、優位性のあるエントリーポイントを探す事が出来ます。


Q:□エリアって何ですか?

A:ティックリーディングで相場分析が出来るようになると、値動きの予測が出来るようになります。

□エリアは、予測される相場の反発やもみ合い、レンジの上値や底値の位置に使っています。


Q:手法1って何ですか?

A:ティックリーディングを使って相場分析が出来るようになると、値動きの予測が出来るようになります。

算出した□エリアは、反転のポイントになります。しかし、□エリアにタッチしただけでは、エントリー根拠が薄いので、タイミングを計る必要があります。

手法1とは、そのエントリーのタイミングを計る方法の1つとなります。


Q:ティックリーディングってどうやって学べますか?

A:ティックリーディングは初心者でも学ぶ事ができます。

このティックリーディングを学ぶと、□エリアの算出方法やエントリー方法である手法1などが習得出来ます。

その他にも、高い確率で反転するポイント(高確率エリア)などの、探し方やエントリー方法なども学べます。

どんな手法を学ぶにも、正しい順番で学ぶ必要があります。

それと、もう一つ大事な事は添削です。添削をする事で、正しく理解出来ているか、確認することが大事になります。

Q:実況トレードってなんですか?

A:実況トレードとは、ティックリーディングを使ったトレードをリアルタイムで配信している事です。


Q:実況トレードの参加方法を教えて下さい。

A:こちらをクリック→@tickreading

Contact us

お問い合わせ

送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。